忍者ブログ
お気楽主婦もんの食べ歩き
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
もん
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週の「秘密のケンミンSHOW」を見てたらムショーに沖縄そばが食べたくなった我が家(2人とも単純なんです・笑)。
さっそく横浜界隈で沖縄そばの評判が良いところをチェック!
その中からJR関内駅から徒歩5分ほど、ベイスターズ通り沿いにある「べにはま」さんにお邪魔することにしました。
こちらはランチメニューです。

こっちは夜のメニューかな。
定食やそば類がほとんどなので、居酒屋さん的な感じではなさそう。

それなのにカウンターにこんな案内が!
ハイボールと泡盛が100円って安過ぎじゃありません?
平日の17:30~19:30までみたいだけど夜も来てみたくなりますね~。

私はべにはまのお得なランチセット(700円)。
沖縄そばハーフ・ミニゴーヤチャンプル・三枚肉煮・もずく・ライス(小)とあれもこれも少しずつ食べたい女子向きのセットですね~。
三枚肉煮はご飯のおかずにピッタリだしスープ代わりの沖縄そばもアッサリして美味しい。この時期に関東でゴーヤを頂けることだけでもありがたや~。久し振りの苦味に嬉しくなりました♪

夫チョイスの沖縄そばとジューシーのセット(650円)。
そば単品で頼んでも白いご飯はサービスで頂けるので沖縄の炊き込みご飯ジューシー頼んでる人は少なかったかな?
しかしこのジューシーを一口食べた夫が悶絶。
我が家は沖縄に何度もお邪魔してるのでジューシーもそこそこ食べてますが、夫曰く今まで食べたジューシーの中で一番ウマイかも?との評価。
私も一口頂きましたがパラッとした炒飯っぽいジューシーは甘みもあって美味しかったです。

我が家は12時前にお邪魔したのですぐに座れましたが土曜日の昼間でもこんな感じ。
平日の昼間のほうが混んでるみたいですが回転は悪くない感じ。
また沖縄そばとジューシーが食べたくなった時はお邪魔しますね♪

べにはま
神奈川県 横浜市中区太田町1-20 三和ビル1F
営業時間:11:00 ~ 22:00
定休日:日曜
PR

明治26年創業という老舗の牛鍋店『じゃのめや』さん。
以前からその存在は知っていましたが、なかなか伺う機会が訪れず・・・。
『魚がし おき』さんに訪れた際に丁度こちらのお店の前を通ったこともあって、次はここ!と心に決めてやってきたのです。

ランチ営業は土日祭日のみで12~16時まで。
オープンの12時15分位前にお店の前を通った時には何方もいらっしゃらなかったので近所のコンビニで暇つぶしをして、オープンまで10分切ったあたりかな?
お店に伺うと1組待っていらしたので、そのまま並んだら我が家の後ろに大勢の方がぞろぞろと・・・
12時にお店が開くと同時に満員御礼の状態になってビックリしました~

牛丼(1,000円)・牛鍋弁当(1,300円)・牛鍋定食(1,600円)の3種類は常にあるようですが、我が家のお目当てはランチ限定の小口ステーキ(930円)。
必ず提供されるとは限らないので『じゃのめや』さんのサイトで当日のランチメニューに小口ステーキが掲載された時を狙って伺いました。
お店の方は並んでた順番にオーダーを取っていかれたので我が家は無事オーダー出来ましたが、途中で小口ステーキのみ売り切れに。
この日は黒毛和牛ハンバーグ(930円)もありましたが小口ステーキは10食位しか用意してないのかな?
小口ステーキ目当てならオープン10分前には並んでおいたほうが良さそうです。

お目当ての小口ステーキは分厚いお肉がた~っぷり!
形は不揃いながら夜に提供される上等なお肉の切れ端なので不味かろうはずはなく、お肉の上に乗っているガーリックバターだけで頂いても美味しいのですが、特製のタレをつけて食べるとご飯が進むこと進むこと。
ドレッシングとマヨネーズが掛かったサラダもたっぷりで嬉しい~。
またこちらの赤だしがコクがあって美味しいんですよ。
ご飯はお代わりも出来るようですが、たっぷりめに盛られていたので夫に手伝ってもらいました。

これで930円ですから人気があるのは当然。
また近いうちに寄らせてもらいましょう。もちろん小口ステーキのある日に(笑)。

月1程度には新しい記事をアップしようと思ってたのに、もう2013年になってしまいました。
↓記事にも記載したように長らく放置しているとブログを閉鎖されてしまうかもしれないので、12月のランチを今更ですがご報告。
イセザキモールにある伊勢佐木町ブルースの歌碑から少し歩いたところにあるお店です。



『魚がしおき』。
夜の居酒屋さんとしての営業に力を入れていらっしゃるのか、ランチ営業は金・土・日曜日の11:30~13:30のみ。
平日にこちらまで来る機会の無い我が家としてはありがたいですけど。
店頭にはその日のランチメニューが記載されたホワイトボードが掲げられております。



この日の三色丼はマグロのすき身にサーモン、ブリの3種類。
スマホで撮影したので、あまり美味しそうに見えないけど、どのお刺身も新鮮っ!
お味噌汁も上品な味わいだし、お新香も付きで500円って凄すぎる~♪



まかない丼も同じく500円。
お刺身はマグロのすき身にわらさかな?
厚揚げの煮物や焼き魚、牛肉の煮込みに野菜の煮物、卵焼き、たらこなどが丼にちりばめられております。
少々雑多な感じはありますが、お刺身だけだと飽きちゃうという方にはいいかも。
2人で1,000円札1枚お支払いというのも本当に有り難いですね~。
JR関内駅からは15分位歩くけど、ここはまた寄らせていただきます。
その時はちゃんとしたカメラ持参で(笑)。
このブログを放置して約1年半。
いや~、時の経つのは本当に早いですね。
本家のブログも遅々として進まないので、なかなかこちらのブログの更新が出来なかったのですが、忍者ブログさんから『6ヶ月以上、記事の更新がないと5月からブログ停止処置をします』と驚きのメールが!
ブログって永遠じゃなかったのね・・・


という訳で記事の更新を(爆)。
京急日の出町から徒歩5分ほどの『すし元』さんへ夫とお出かけ。
土日でもお得なランチが頂ける貴重なお寿司屋さんです。



面白い形の湯呑。
レギュラーのランチメニューは7種類くらいあるようですが、土日だからかな?我が家が伺うときはいくつかのメニューに付箋が貼られて隠されてることが多いんですよね。
お気に入りの本マグロの鉄火丼はあったので二人ともこちらをチョイス。



こちらではメインが出来上がる前に先に副菜類がサーブされます。
これだけで一杯やれそうです。



こちらの副菜類は日替わりで毎回違います。
この日は春雨サラダに



お芋と竹の子の煮物


たっぷりサラダだけはデフォルト。
新鮮な水菜や新玉ねぎが嬉しいです。



そして菜の花。
どの副菜も手がかけてあって美味しいです。



副菜類をつついてるとメインの本マグロの鉄火丼とお味噌汁がやってきました。
毎回感動しますが豪華ですね~。



赤身とトロが半々に盛られて見るからに美味しそうでしょ?美味しいんです(笑)。
こちらのマグロはしっとりとしていて、旨味もたっぷり。
お値段がお値段なので生の本マグロではないと思いますが、そのくらいのお味ではあります。

さてこのランチのお値段ですが、なんと800円ポッキリ!
この価格帯で頂けるマグロでは最高級ではないでしょうか。お値段以上の価値があるランチは本当に貴重です。

すし元
神奈川県横浜市中区長者町8-125
11:30~14:00、17:00~翌01:00
定休日:火曜日

今年3月にJR桜木町駅前にオープンした大型ショッピングタウン『コレットマーレ』。
この中に我が家お気に入りの“Aloha Table”の姉妹店“MANOA Aloha Table”が入っています。
我が家がお邪魔した11:30頃にはまだ余裕がありましたが12:00を過ぎる頃には満席に。


ランチタイムは11:00~17:00とかなり長め。
こちらは土日祝日用のランチメニューで、平日は日替わりのプレートランチやパスタが950円で頂けるようです。 


“Aloha Table”と同じくランチタイムはフリードリンク&スープ付き。
コーヒーや紅茶、ウーロン茶、オレンジジュースに加え白ワインも頂けます♪


この日はトマト風味のスープでした。
お隣のグラスはもちろん水じゃなくて白ワイン(笑)。


土日祝だけ頂けるトマトとバジルのスパゲティ(1,050円)。
麺がちょっと茹で過ぎの感があるけど、シンプルな味なのでワインに合います。


こちらも土日祝日限定のホリデースペシャルランチ(1,200円)。
この日はマグロのスパイシーポキに牛カルビ、白身魚のフライの三種。これはちょっとずつ色んなものを食べたい私にピッタリですね~。
“Aloha Table”のほうがボリューム感があるけど、お味はなかなかグッド!
ここは駅から近いのもポイント高いし、これから頻繁にお邪魔しそうです。

※ 8月に再訪したら土日祭日のランチはフリードリンク無くなっていました。オープンして間もないのに早過ぎよっ(涙)。
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © のほほん横浜 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]